行政書士試験と相性の良い資格試験

行政書士試験の受験生の中には、「どうせ資格取得を目指すのなら、ダブルライセンスを狙いたい」と考えている人も少なくないのではないでしょうか?
「ダブルライセンス」とは、文字通り、2つの資格を保有する人のことで、独立開業したときに、営業上の大きな武器になると言われています。
このページでは、『行政書士試験ガイド』の上級編という位置づけで、行政書士と相性の良い資格試験をいくつか紹介したいと思います。

「行政書士と相性の良い資格」には、大きく2つのタイプがあります。1つは、行政書士試験の受験勉強と相性の良い資格、そしてもう1つは、試験合格後の実務と相性の良い資格です。

まずは、受験勉強と相性の良い資格を紹介します。行政書士試験の受験生の中には、並行して、法学検定や公務員試験の勉強をする人が、実は意外と少なくありません。というのも、いずれの試験問題も、行政書士試験において問われる法律知識と重なる部分があるためです。確かに、行政書士試験と公務員試験の学習の両立はかなり厳しい面もありますが、学習時間に余裕のある学生さんであれば、進路の選択肢を増やすという意味でも、挑戦する価値はあると思います。
一方の法学検定は、あるいは聞きなれない名前かもしれませんが、「法務関連の仕事への就職の際に有利になる」と、最近注目度を高めている試験です。行政書士試験よりも難易度が低く、また行政書士試験よりも前に試験日が設定されているため、腕試しや予行演習を兼ねて、受験するのも手だと思います。

次に、行政書士の実務と相性の良い資格を紹介します。行政書士試験合格後の話となりますので、少し気が早いかもしれませんが、合格後の自分自身の姿を想像することで、受験勉強のモチベーションが高まる効果もありますので、簡単に触れておきます。
まず、ダブルライセンスとして司法書士の資格を持っていれば、会社設立の業務に携わる際、登記まで受託できるようになります。また会社設立後も、たとえば税理士の資格を持っていれば税務面の顧問として、社会保険労務士の資格を持っていれば労務面の顧問として、それぞれ活躍の場は広がっていくことでしょう。あるいはファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、相続や遺言に関する書類の作成業務に携わる際に有効です。

以上、見てきたとおり、行政書士の業務は、他の士業の業務と密接な関係にあります。これは、膨大な業務範囲を持つ行政書士だからこその特徴だと言えます。合格後、行政書士としてバリバリ活躍することを目指すのなら、早い時期から、ダブルライセンスを視野に入れて、学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?