受験生タイプ別おすすめの学習スタイル

気の早い人の中には、ここまで読んだところで早速、受験指導校のホームページや、受験対策本の販売サイトを検索しようと思っている人もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください!
今始めようと思っているその学習スタイルは、あなたにとって本当に最適なものですか?
ここでは、受験生のタイプ別におすすめの学習スタイルを紹介します。判断するのは、これを読んでからでも遅くないと思いますので、今しばらくおつきあいいただければと思います。

●社会人におすすめの学習スタイルは、通信
社会人の場合、行政書士試験の受験勉強において最大の障壁となるのが、時間(スケジュール)の問題です。
通学という選択肢は、決められた曜日の決められた時間に通わなければならない点で、仕事を持つ社会人にとってはおそらく、使い勝手が悪く感じられることでしょう。
その点、独学や通信は、空き時間を利用して、自分のペースで学習を進めることができます。今回が2回目、3回目の受験の人は、既に要領もわかっていると思うので独学でも問題ありませんが、法律の学習が初めての人や、法律の学習経験者でも今回が初受験の人は、良き伴走者となってくれる通信がおすすめです。

●学生におすすめの学習スタイルは、通学か通信
学生の場合、時間にも比較的余裕があると思いますので、やはり通学スタイルが良いと思います。わからないことがあれば、すぐに講師に質問して疑問点を解消できるあたりは、普段から通っている大学などと同じですし、学習スタイル的にも馴染みやすいはずです。
ただし、費用面が少し心配という人は、通信教育の受講を検討してみても良いかもしれません。通信教育にも通常、わからないことがあれば書面などで質問できるサービスなどがありますので、その点は安心です。

●主婦におすすめの学習スタイルは、独学か通信
特に小さなお子さんを持つ主婦の場合には、長く家を空けることが難しく、通学という選択肢は考えにくいものと思われます。自宅で学習でき、かつ育児や家事の合間のすきま時間を有効に利用できるという点でも、独学または通信との相性が良いと思います。
育児から解放される頃の合格を目指して、長期的なスパンで行政書士試験の学習を考えている人にとっては、家計にも優しい独学がおすすめ。逆に、早く手に職をつけて、家計の足しにしたいと考えている人にとっては、より早く、より確実に合格が目指せる通信がおすすめです。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?