行政書士試験には、どんな勉強法があるの?

これまでのページを読んで、みなさんの関心度は「行政書士資格に興味がある」という段階から、「行政書士試験に挑戦してみようかな」という段階くらいまで高まっていますでしょうか?
『行政書士試験ガイド』後半戦では、そうした人たちを対象に、行政書士試験に関して一歩踏み込んだ、より実践的な情報を紹介していきたいと思います。

まずは、学習スタイルについてです。
資格試験の学習スタイルには大きく分けて、①通学、②独学、③通信の3種類があります。試験の難易度によっては独学での合格が厳しく、実質、学習スタイルは通学と通信の2種類というケースもありますが、行政書士試験は、「行政書士試験って、どれくらい難しいの?」のページでも見た通り、独学での合格も十分に可能な試験ですので、ここでは、3種類の学習スタイルについて、それぞれメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

①受験指導校への通学のメリット・デメリット
通学スタイルのメリットは、学校側がさまざまなサポートをしてくれる点、そしてそれによって受験生は学習に専念することができる点にあります。最適な教材選びにはじまり、試験日までの学習計画の作成と進捗の管理、さらには試験に関する情報の収集に至るまで、すべて学校側がしてくれますので、受験生は雑事に煩わされることなく、受験勉強だけに集中することができます。
逆にデメリットは、そうした手厚いサポートの代償として、費用がかさむことです。通学の場合、20~30万円が費用の相場となっています。さらにオプションの講座を受講すると、この金額はもっと上がることになります。

②市販の教材を利用した独学のメリット・デメリット
独学スタイルは、通学スタイルとちょうど裏表の関係にあります。
まず独学スタイルのメリットは、費用が安く済むこと。市販の参考書と問題集を購入し、模擬試験を1回受験したとしても、費用は、通学の10分の1程度に抑えることができます。この金銭的な手軽さは、行政書士資格に興味を持ったので、とりあえず勉強を始めてみたいという人にとっては、大きな魅力だと思います。
一方のデメリットは、学校等によるサポートは何もなく、文字通り、独力で勉強をしなければならない点です。自分で教材を選ぶところから始まり、試験日までの学習計画を立て、進捗を管理し、疑問点も自力で解消しなくてはなりません。独学での合格は決して不可能ではありませんが、相当に強い意志と努力が求められるのは、確かです。

③通信教育のメリット・デメリット
通信スタイルのメリットは、通学と独学のメリット、その両方を享受できる点にあります。まず、教材は通信講座側が用意してくれます。通学のような厳密なカリキュラムはありませんので、学習自体は自分で計画的に進めていかなくてはいけませんが、課題テストなどを通じて、学習の到達度を定期的に確認することができます。また、試験に関する情報収集も、通信講座側から提供されます。そして費用の面でも、通学と比べれば、格段にお得です。 あえてデメリットを挙げるとすれば、サポート体制は、通学ほどには手厚くなく、また費用も、独学ほどには安くはないという点でしょうか。

通学と同等の手厚いサポートが受けられ、かつ独学並みに安価な学習スタイルは存在しません(通信が、比較的それに近い学習スタイルですが…)。結局は、何にプライオリティを置くかによって、最適な学習スタイルというのは変わってくると思います。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?