行政書士試験って、どんな問題が出題されるの?

行政書士試験の試験科目については、「行政書士試験って、どんな試験?」のページでも簡単に触れましたが、これから実際に受験勉強に臨む人にとっては最大の関心事だと思いますので、ここでは、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

法令科目全46問のうち、最も多く出題されるのは行政法の22問です。実に半分近くが行政法からの出題となっています。ちなみに、行政法という名前の法律はなく、行政書士試験における行政法とは、行政手続法や行政不服審査法など複数の法律の総称です。この科目では、行政に対するさまざまな手続きの概念が問われます。試験科目(法律)のなかでもっとも行政書士らしい内容であり、合格後の実務も見据えて、しっかりと理解を深めておきたい試験科目でもあります。

法令科目のなかで、行政法に次いで出題数が多いのが民法の11問です。民法とは、社会生活全般について定めた法律です。そのため、民法の試験範囲は広範囲にわたります。条文数が1000を超える民法を、すべて覚えることはできません。過去問やテキストを上手く活用して、ポイントを絞った学習を心がけることが、民法攻略の鍵となります。

法令科目ではほかに、憲法から6問、商法から5問、基礎法学から2問が出題されています。憲法、商法ともにメジャーな法律ではありますが、行政書士試験における扱いは、やや控えめです。ちなみに、憲法は国民の基本的人権と国家機関のあり方をまとめた法律、商法は商取引の場面で適用される法律。残る基礎法学は、法律の基本的な考え方を問われる試験科目だと思ってください。

法令科目と並ぶ、行政書士試験のもう一本の柱である一般知識科目からは、全14問が出題されています。内訳は、「政治・経済・社会」6~7問、「情報通信・個人情報保護」4~5問、そして「文章理解」3問となっています。もっとも出題数の多い行政法よりも、試験範囲の広い民法よりも、学習が難しいと言われることもある一般知識科目。確かに、付け焼刃の対応が通用しない科目ですので、日ごろからきちんと新聞に目を通すなど、広く社会にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。逆に言えば、普段からそれができている人にとっては、決して難しい試験科目ではありません。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?