行政書士試験って、どれくらい難しいの?

行政書士試験の概要は、確認できました。
受験を検討している人の次なる関心事はおそらく、「行政書士試験とは、どれくらい難しい試験なのか?」、そして「自分にも合格できるレベルの試験なのか」ということではないでしょうか?

受験指導校や通信教育のホームページやパンフレットを見てみると、「仕事と両立させながら、短期間の学習で合格可能」などといった魅力的なフレーズが躍っていますが、結論から言いますと、行政書士試験とは、それほど甘い試験ではありません。
憲法、行政法、民法、商法など幅広い法律に精通し、1万を超えるとも言われる許認可・届出書類を扱うことを許された行政書士。そうした法律のエキスパートを選抜するための国家試験なわけですから、当然と言えば当然です。

しかし、司法試験などとは異なり、これまで法律を学んだことのないまったくの初学者でも一発合格を狙えるレベル(難易度)の試験であることもまた事実です。

少し見方を変えてみたいと思います。
書店の資格試験向けコーナーに足を運んでみると、行政書士試験や、ほかにも社会保険労務士試験などに関する受験対策本は数多く並んでいます。しかし同じ法律資格でも、たとえば司法書士試験に関する受験対策本はあまり見かけないと思いませんか。
司法書士試験の受験者数は約3万人。行政書士試験や社会保険労務士試験ほどではありませんが、それなりの数の受験生がいますので、受験対策本の需要が決してないわけではないはずです。

それでは、なぜ司法書士試験に関する受験対策本は少ないのか?
それは、司法書士試験の勉強法として通学や通信が一般的であるため。つまり、独学では合格することが難しい試験だからこそ、受験対策本が少ないのです。
裏を返すと、受験対策本が潤沢な行政書士試験とは、そうした市販のテキストや問題集を使った独学というスタイルでも、何とか合格を狙えるレベル(難易度)の試験だということです。

なので、難しそうな試験だからという理由で、受験をあきらめる必要はまったくないと思います。法律の学習が初めてで不安な人には、通学や通信といった勉強法もあります。勉強法については、別ページで詳しく紹介していますので、「挑戦してみようかな」と思った人は、そちらも併せて参考にしてもらえればと思います。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?