行政書士試験に合格したら・・・気になる登録費用とは?

試験に合格したら、晴れて行政書士になれる!というのは、ちょっと先走りすぎです。

行政書士になるには、行政書士登録をしなければならないのです。

では、行政書士登録の費用ってどれくらいだと思いますか?ざっと30万円ほどかかります。

行政書士は、全員日本行政書士連合会の会員であるとともに、各都道府県の行政書士会の会員でもあります。登録費用の内訳は、都道府県ごとに異なります。東京の場合は次の通りです。

  • 登録手数料   25,000円
  • 入会金     200,000円
  • 3か月分の会費 21,000円
  • 登録免許税   30,000円
  • 合計      276,000円

このほかに、バッジや事件簿などの帳票類の購入代金が全部で数千円程度かかります。分割払いはないので、一度に約30万円の支払いになります。

結構高いと思いませんか?

つまり、行政書士になるには、それなりにお金も必要なんです。

登録した後も、毎月7,000円の会費の支払いがあります。行政書士を目指す人には、行政書士になるためのお金についてもきちんと意識しておいてほしいと思います。

もしも独立開業するなら、事務所を借りるお金や事務機器のお金など、登録費用とはケタ違いのお金が必要になります。合格後のことを考えて、最低限登録費用はコツコツ貯金するようにしたいですね。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?