行政書士試験の肝である行政法攻略のコツ・ポイントとは?

行政書士試験で最も多く出題されるのが、行政法です。選択式だけでなく、記述式でも出題されることが多いので、行政法をおろそかにしては、合格はあり得ないでしょう。

そんな行政法ですが、受験生の多くがどう攻略したら良いのか悩んでいるのではないでしょうか。民法、憲法と違って、行政法は実際のルールを定めたような法律なので理解するというよりも覚えるしかない、という面が大きいからです。そう、行政法攻略のポイントは、「覚える」ことなのです。

しかし、出題範囲の条文全てを丸暗記するなど現実的な話ではありません。では、どうすれば良いのか。

出題されやすい部分を重点的に覚える、これが大切です。

行政法の過去問を解いてみると、条文を覚えていれば解ける問題が多いことに気づくと思います。法の趣旨を問うのではなく、ズバリ条文を聞いてくる問題が多いのです。(だから勉強していてもあまり面白くないんですね、行政法は)

もっと詳細に問題を見てみると、

  • ・「みなす」と「推定する」を区別させる問題
  • ・「~ならない」と「できる」を区別させる問題
  • ・例外があるかを問う問題

が多いということに気づきます。

どれも、条文を覚えていれば対応できる問題ですが、うろ覚えだと太刀打ちできない問題です。そこで、普段からこの点を意識して勉強するようにしましょう。

具体的には、条文に「できる」と出てきたら、「~ならない」の条文を探して比較する、例外があるのか、例外の例外もあるのかを条文から確認するなどです。

一般的に、「~ならない」の方が少ないので、どんな場合にこのキーワードが使われているのかを意識してみるだけでも、効果はあるでしょう。

また、行政法は例外が多く、例外の例外も多数あります。

そういうのは、試験を作る側から考えれば、とても問題にしやすいのです。だから、そこをしっかり押さえていれば、即得点に結びつきます。

ただ漫然と暗記するのではやりがいもないし、大変なだけです。しかし、上記のようにポイントを押さえて暗記していくと、過去問もだんだん正解率が上がっていくようになって、やりがいが感じられると思います。

行政書士試験において暗記は避けて通れないので、効果を感じやすい方法で頑張りましょう。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?