平均600万円程度、ただし個人差は非常に大きいです

行政書士になったら、どの程度の年収を見込めるのでしょうか?資格取得の目的が「ビジネスに役立てること」である以上、その資格で果たしてどの程度稼げるのかに注目することは必須であると言えます。行政書士の年収については、残念ながら公式のデータとして発表されている数字というのはありませんが、その実態について考えていきたいと思います。


【稼ぐも稼がないも自分次第】


開業行政書士の平均年収は、巷で言われる平均値としては「600万円程度」と言われています。しかしながら、行政書士の中には、人をたくさん雇用してバリバリ活躍している人、開業者一人のみの手の届く範囲で仕事を受注している人、依頼を滅多に受けない人など、皆様々なスタンスで実務に向き合っているのも事実です。


仕事に対する個々の考え方や実務の実態が異なる以上、その平均値を求めようというのはあまり意味のあることではありません。よって、これから行政書士開業をしようという皆さんが年収を考える上では、まず自分がどんな風に仕事をしたいのか、どの程度の年収を希望するのか、そのスタンスを定めることが先決であると言えます。


【他士業の年収についても軒並み同様の考え方です】


皆さんの中には、「士業と名のつくものであれば、できるだけ稼げる資格を取得したい」とお考えの方も多いはずです。ですが、残念ながら他士業についても行政書士同様、“年収”については「個々のスタンスに依る」と言わざるを得ません。


重要なのは、自分がどんな働き方を望むのか、といった点です。収入はあくまで自身の働き方についてくるものであり、最初から年収にだけ焦点を当てるのはナンセンスであると言えましょう。


>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?