行政書士は独立開業向き資格。ただし知識は一般企業でも活かせる!

行政書士資格を取得したとしても、すぐに開業する方というのはおそらく稀だと思います。独立開業に関心はありつつも、実際には仕事があるのか、収入を得られるのか等の懸念事項を考えれば、なかなか一歩踏み出す勇気が出ない方もいらっしゃるでしょう。


そのような場合、まずは「行政書士資格を何とか就職に役立てられないものか」と考えるのが通常です。


【基本的に行政書士は独立開業向き資格、ただし「行政書士事務所への就職」の道はあり】


行政書士資格は就職に役立てられるかどうか。 結論から言えば、基本的に行政書士資格は就職向きの資格ではありません。行政書士資格を仕事に活かすとすれば、自分自身で事務所を開き、顧客を得ていくことでビジネスを展開していくのが王道であると言えましょう。


実務未経験者であれば、他の開業者の事務所に入り込むことで実務を学ぶ機会を得ることができます。ただし、総じて行政書士事務所の求人は数が少なく、給料は決して高くありません。

また、採用対象としても行政書士資格有資格者ではなく、あくまで補助者の求人ばかりが目立つ傾向にあることも事実。せっかく資格を得たにもかかわらず、これでは本当の意味で“行政書士資格を活かした就職”と言えるかどうか、甚だ疑問です。もっとも、独立開業を視野に入れている有資格者を採用しないスタンスの行政書士事務所も少なくありません。


【一般企業で行政書士の知識は活かせるか】


行政書士の資格を活かして就職したいなら、いっそのこと一般企業に目を向けてみるのも一つの手だと思います。官公署向けの諸手続きがコンスタントに発生しうる企業内であれば、行政書士としての知識を活かす道は十分にあるでしょう。


もちろん、行政書士専業として就職するわけではないため、何ら関係のない業務にも携わらなければなりません。ですが、必要に応じてその知識をアピールできれば、苦労して取得した行政書士資格は社内における地位向上にもしっかり役立ってくれるのではないでしょうか。


>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?