仕事の展開は十人十色!あなたの個性を発揮できます

行政書士資格の取得を目指す受験生であっても、その具体的な仕事を十分に理解していない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それもそのはず、行政書士が取り扱う書類は実に一万種類以上とも言われており、何を専門に扱うかによって、実務の内容や働き方が大きく変わります。つまり、ひと口に「行政書士」といっても、仕事の実際は多種多様。容易に一括りにできるものではないのです。


【行政書士の実際の仕事ぶりは、実務家に学ぶべし】


とはいえ、行政書士試験合格を目指す上で、自分自身がこの資格を取得してどうなりたいか、どんな風に活躍したいかの明確なイメージを持てるかどうかは、モチベーションを大いに左右するもの。出来れば行政書士としてのしっかりとしたビジョンを持ち、やる気をもって試験に臨めるのがベターです。そのためには、行政書士の仕事の実際を覗いてみて、自分なりの夢を抱くのが一番であると言えましょう。


「そんなこと言ったって、身近に行政書士なんていないよ」というアナタも、ご安心ください!良いサイトを見つけました!


『行政書士の実務家密着取材』

http://www.foresight.jp/gyosei/interview/

行政書士として開業しても、事務所をどの分野に特化させるか、どんなスタンスで事務所を運営するかによって、実務に様子が異なってくることは一目瞭然です。
皆さんは行政書士になって、どんな仕事に携わりたいでしょうか?先輩の働き方を参考に、今一度考えてみてください。


【コネによる依頼は期待すべからず】


行政書士として開業する際の心配事といえば、やはり「仕事が来るのかどうか」ではないでしょうか。実際に仕事を始めても、依頼が来ないのでは収入にはつながりません。開業に先立ち、どのような集客に注力するのか、収入が安定するまではどう乗り切るのか等、具体的な対応策について検討されておくと良いと思います。


ありがちなのは「自分には前職でのコネがあるから大丈夫」と過度に楽観視してしまうケース。このような場合、開業前には「仕事をお願いするよ」と言ってくれていた先から開業後まったく連絡がなく見込み違い、といった残念な話になりがちです。

基本的に、コネに期待するのは避けた方が無難。自分の力でしっかり集客できる様、手立てを考えておきましょう。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?