通学併設校の通信なら、大手スクールの人気講師に学べます

通学の手間や受講料など総合的に考慮すれば、「行政書士試験対策をするなら通信教育で」というのが最も理想的なやり方であることは間違いないでしょう。
しかしながら、通信教育というとどうも“実体が見えない”“スクール規模が小さいので内容に不安がある”といったイメージも強いかもしれませんね。結果、時間やお金に余裕がないにもかかわらず、無理をして通学講座を選ぶ受験生も少なくありません。ですが、何かしら無理をしていると、受験勉強自体に支障をきたしてしまうこともあると思います。忙しくて途中で通えなくなったり、金銭面で家族とのわだかまりができたりと、無理のある行政書士試験対策はいわば“いばらの道”。これでは合格など目指せるはずもありません。

 通信は不安だけれど、大手スクールで安心して勉強したい
そんな方には、有名資格予備校が展開する行政書士試験通信教育がおすすめです。とりわけ、充実教材に定評のあるLECが人気なんです。

◎ 大手ならでは!有名講師による指導を自宅で受けられる

資格スクール大手のLECには、行政書士試験対策における有名講師が多数在籍しています。通信教育であれば、様々な事情で通学講座を受講できなくとも、こうした人気講師の授業を受けられるのが魅力ですよね。実際、LECの行政書士通信教育は講義への充実度が非常に高く、特にある程度知識のある受験生から支持されています。
しかしながら、一方では、法律を初めて学ぶ方、行政書士試験に初挑戦される方にとっては内容的にヘビーで、充分に消化できないまま試験日を迎えることになってしまうケースもあるようです。これでは、どんなに講義や教材が良くても、何の意味もありませんよね。加えて、“人気講師=アナタにとってのベスト講師”であるとは限らないことも、忘れてはなりません。講師で選んだはずが、自分にはイマイチ合わずに勉強が苦痛になることもあるでしょう。こういった観点から、「大手だから安心」「講師が有名だから」という理由だけで安易にLECを選ばれるのは得策とは言えません。十分に比較検討されてから、受講を決めましょう。

大手資格予備校LECの行政書士通信教育は、通信であってもやはり“大手価格”。価格重視でリーズナブルに済ませたい方には、ちょっと敷居の高さがネックになりそうですね。

>>予備知識がなくても合格を実現する攻略法とは?