行政書士って、どんな資格?

行政書士資格への注目度が高まっています。

行政書士を主人公にした人気ドラマの放映、不況による資格取得熱の高まり、某通信教育のCMの影響など、その理由はいろいろ考えられます。ただ、理由はどうあれ、裁判員制度の開始を引き合いに出すまでもなく、私たちの生活にとって「法律」が身近なものになりつつある現在、多くの人が、行政書士資格を通じて「法律」に関心を持つこと、そして実際に「法律」を学ぶことは、たいへん意義のあることだと思っています。

本サイト『行政書士試験ガイド』では、いま注目の行政書士試験を「難易度」「試験科目」「勉強法」などいろいろな角度から分析・紹介しています。このサイトをきっかけに、行政書士試験に興味を持ち、受験に挑戦する人が少しでも増えてくれれば幸いです。

それでは早速、行政書士試験について見ていきたところですが、その前に、そもそも行政書士とはどんな資格なのかを確認しておきたいと思います。既に理解されている方は、次のページに進んでいただいてもかまいませんし、あるいは復習がてら、しばしおつきあいいただければと思います。

行政書士とは、簡単に言ってしまうと、法律に関する書類を取り扱う専門家です。官公署に提出する書類の作成や、作成に関する相談業務などを主な仕事としています。扱う書類の中には、賃貸契約書、雇用契約書、離婚協議書など、私たちにとって身近な書類が多く、生活に密着した法律サービスを提供していることから、「街の法律家」と呼ばれたりもしています。
ちなみに、行政書士が作成することのできる書類の数は1万種類を超えるとも言われていて、こうした業務範囲の広さ(=仕事の多さ)が、「食いっぱぐれのない」資格として、行政書士人気をさらに高めているようです。

ただし、言うまでもありませんが、行政書士とは行政書士法に基づく国家資格者です。行政書士になるためには、難関と言われる行政書士試験に合格しなくてはなりません。
次のページからはいよいよ、行政書士試験とは実際にどんな試験なのか、より具体的に見ていきたいと思います。

>>行政書士試験はこうして攻略すれば知識がなくても合格可能!